外国人・外国会社の法人口座開設

以前は代表取締役が外国人で海外在住であっても、日本に協力者がいれば、銀行口座の開設は可能でした。しかしながら、3月以降銀行のコンプライアンス体制が強化された等の理由から、法人口座開設審査が非常に厳格になりました。

2019年3月から法人口座の開設が難しくなりました

現況では、日本在住の方が取締役に就任しても、代表取締役の住所が日本に無いと法人口座の開設はほぼ不可能といっても良いでしょう。法人口座を作るためには、代表取締役に日本在住者を就任させてください。

これまでは規制がさほど厳しくなかったため、海外在住外国人の法人口座が沢山開設されていました。ところがいざ代表取締役に連絡を取ろうとしても「電話が繋がらない」、「連絡が取れる人がいない」というトラブルが増え、銀行側には放置された口座が残され、口座管理費がかさんで銀行経営を苦しくしているという事態が起きています。

これから法人口座を開設するなら、日本国内に連絡を取れる方がいて、資金力があり信用度が高い法人様にしか口座を作ってほしくないというのが本音のようです。

また法人口座を開設するなら、以下のものを準備をしておくと良いです。

  • 固定電話
    ※携帯電話だけより信用度が増します。
  • ホームページ等事業内容がわかるもの
  • 名刺
  • 取引先との契約書等
  • パスポート
  • 在留カード
    ※経営管理、高度専門職、身分系の在留資格以外は断られる可能性が高いです。
  • 法人印(銀行印)
  • 登記簿謄本
  • 法人の印鑑証明書
  • 定款
  • 税務署届出の控え

どこを回っても法人口座が開けない、このような方は是非ご相談下さい。

当事務所は会社設立のみならず、設立後の法人口座開設、外国人の就労ビザ、創業融資・補助金のご相談、各種営業許可申請をはじめとするアフターフォローサービスを行っております。

業務に関するお問合せは、初回30分無料相談を承っております。お電話又はメールでお問合せ下さい。

メールでの相談をご希望の方は、下記フォームより情報を送信ください。24時間承っておりますが、返信にお時間を頂戴する場合がございますので、お急ぎの方はお電話にてご相談ください。

海外からの問い合わせはウェブで受信できない可能性があります。問い合わせは以下のメールアドレスにお願いします。

There is a possibility that inquiries from overseas can not be received by this website. If so, please contact this email address.
 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

ご希望の連絡先 (必須)
メールに返信電話に連絡どちらでも可

メッセージ本文

ページトップへ戻る