外国人創業人材受入促進事業を活用した東京進出を支援

東京進出

東京2020オリンピック・パラリンピックは絶好のビジネスチャンス

  • 申請から経営・管理ビザ取得まで最短1カ月!!
  • 東京都の新制度「外国人創業人材受入促進事業」を活用した起業のすすめ

外国人が日本で創業する場合、「経営・管理」の在留資格の取得が必要です。この在留資格の取得には、現行制度上、入国前に、事務所の開設に加え、常勤2名以上の雇用又は500万円以上の国内での投資等の条件を満たしている必要があります。

これらの条件を満たすためには、ビジネスパートナーの確保、事務所の賃貸契約等の準備活動を入国前に行う必要があり、外国人が国内のパートナーなしに、一人で創業することは極めて困難となっています。

外国人創業人材受入促進事業による経営・管理ビザの取得

しかし、今回の東京都の新制度「外国人創業人材受入促進事業」では、入国管理局の審査前に、東京都が事業計画等の確認を行うことで、特例的に6か月間の経営・管理ビザが認められます。

起業を志す外国人は、日本入国後6か月の間に、オフィス探しや会社設立といった様々な創業準備活動を行うことができます。また、外国人が6か月後に経営・管理ビザを更新できるよう、当事務所と東京都の職員が支援を行っていきます。

申請から経営・管理ビザ取得まで最短1カ月。個々のケースにより2~3か月かかる場合もありますが、現行制度に比べ、起業に必要な準備を入国後に行える点は大きなメリットです。

東京都の新制度を活用した外国人起業のメリット

  • 申請してから日本に入国できるまでの期間が短い
  • 不慣れな日本で会社を設立する前に、6か月近く綿密に準備をすることができる。
  • 東京都職員のサポートを受けながら、会社設立の準備ができる。
  • 経営・管理ビザを取得することにより住民登録と不動産賃貸借契約が可能。

東京の魅力

  • 世界をリードする巨大経済都市
  • 優良な企業、人材、大学、研究機関が集結
  • 知的財産権の保護が堅固
  • きれいな空気と水
  • アニメやファッションなど世界が注目する文化を発信
  • 治安が良い
  • 交通インフラの発達
  • 豊かな食文化

※当事務所では東京進出に便利なオフィスをご紹介致します。

グローバル企業向けの大規模オフィスから、少人数向けのスモールオフィスまで、お客様のご要望に応じてご紹介致します。

2年後に迫った東京2020オリンピック・パラリンピックに向け、東京はまだまだ進化を続けています。

私たちと一緒に新たなイノベーションを巻き起こし、東京から世界のビジネスを牽引してまいりましょう。

皆様をお迎えできるのを楽しみにしております。

業務に関するお問合せは、初回30分無料相談を承っております。お電話又はメールでお問合せ下さい。

メールでの相談をご希望の方は、下記フォームより情報を送信ください。24時間承っておりますが、返信にお時間を頂戴する場合がございますので、お急ぎの方はお電話にてご相談ください。

海外からの問い合わせはウェブで受信できない可能性があります。問い合わせは以下のメールアドレスにお願いします。

There is a possibility that inquiries from overseas can not be received by this website. If so, please contact this email address.
 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

ご希望の連絡先 (必須)
メールに返信電話に連絡どちらでも可

メッセージ本文

ページトップへ戻る